新聞のつぶやき

新聞社のTwitterでのツイートを紹介します。

読売新聞



読売新聞『沖縄「慰霊の日」で戦没者追悼式…首相ら出席』

読売新聞『列車集中で想定外の電流か、新幹線停電』

読売新聞『「あんな男の代議士、いっぱいいる」河村建夫氏』

読売新聞『能登沖の好漁場、北や中国の密漁急増…昨秋以降』

読売新聞『J1チーム、続々とJ3や大学に敗れる…天皇杯』

読売新聞『靴脱いでゴロゴロ、JR西が新観光列車導入へ』

読売新聞『【加藤一二三九段@竜王戦】 加藤九段、投了後すぐに席を立ち、将棋会館を後にしました…』

読売新聞『【加藤一二三九段@竜王戦】 加藤九段、感想戦を行わず、対局室を去りました。』

読売新聞『【加藤一二三九段@竜王戦】 午後5時前、夕食の出前注文の時間です。加藤九段は、将棋連盟の職員に「カキ フライ定食と鳥の唐揚げ定食」とまさかの…』

読売新聞『【加藤一二三九段@竜王戦】 大食い伝説も有名な加藤九段らしい注文でしたが、職員から「カキフライ定食は(冬季限定で)ありません」と告げられると…』

読売新聞『【加藤一二三九段@竜王戦】 高野四段は「卵とじうどん」と軽めの注文でした。局面は高野四段の攻めがさく裂し、緊迫しています。解説の飯島栄治七段…』

読売新聞『市場は一度豊洲に、築地再整備し戻す…小池知事』

読売新聞『【加藤一二三九段@竜王戦】 午後3時半過ぎ、加藤九段がおやつに手を伸ばしました。大好物のチーズをものすごい勢いで食べています。高野四段もその…』

読売新聞『大阪地検、森友学園を捜索…補助金詐取容疑で』

読売新聞『予告せずダム放流、水位急上昇…母子流され軽傷』

読売新聞『豊洲移転で片山氏「もっと早く考え方示すべき」』

読売新聞『佐藤浩市さんのコメント無断引用、フジが謝罪』

読売新聞『日テレ「バトルシップ」放送中止…事故を連想』

読売新聞『有料道路に市が通行税検討、管理する府は反発』

読売新聞『「ロシアの至宝」バレエのロパートキナさん引退』

読売新聞『五輪の都心コース、変更検討…2競技で渋滞懸念』

読売新聞『イージス艦内で数人の遺体発見…浸水した区画で』

読売新聞『民進都連、離党組推薦へ…都民ファ推薦の3人』

読売新聞『NHK集金の男逮捕、ペンで刺す…広島』

読売新聞『高層マンションの8割、消防法違反…東京消防庁』

読売新聞『体育祭で熱中症、中学生6人重症…枚方』

読売新聞『英高層火災、30人の死亡を確認…女王が慰問』

読売新聞『民進「蓮舫降ろし」避けたい?都議選目標示さず』

読売新聞『クニマス、故郷で泳ぐ…秋田の「未来館」に到着』

読売新聞『実感薄いが…景気拡大53か月「バブル」超え』

読売新聞『東北大などの研究チームが、瓦礫の中など狭くて段差のある場所でも移動できる「ヘビ型ロボット」を開発しました。災害現場でのけが人の捜索などで活躍…』

読売新聞『東京・羽村市動物公園で、アフリカに生息するネコ科の動物・サーバルの赤ちゃんが生まれました。愛らしい姿で母親に寄り添っているそうです…』

読売新聞『車に「後付け」安全装置、ダイハツが商品化へ』

読売新聞『自治体採用試験、性別欄削除の動き…少数者配慮』

読売新聞『「ナマズの尾」、名刀と実物を見比べる企画展』

読売新聞『皇太子さまの記者会見全文』

読売新聞『北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、新潟県内で初めてミサイルの飛来を想定した住民避難訓練が行われました。水田で作業していた人は土管の中などに身…』

読売新聞『北朝鮮による相次ぐミサイル発射を受け、弾道ミサイルの飛来を想定した住民避難訓練が12日、新潟県燕市で行われました。』

読売新聞『京都市左京区の要法寺の池で暮らすカモの親子6羽が11日午前、寺の西を流れる鴨川まで約700メートルを歩いて引っ越ししました。川端署員も出動し…』

読売新聞『兵庫県香美町香住区沖で、黄金色のオニオコゼが捕獲されました。』

読売新聞『TBS報道「事実に反する」加計学園が訂正要求』

読売新聞『日韓関係、両国で意識にずれ…読売など調査』

読売新聞『作業員の肺からプルトニウム検出されず…放医研』

読売新聞『#上野動物園 の #パンダ 「 #シンシン 」が、パンダの赤ちゃんを出産しました。同園でのパンダの赤ちゃんの誕生は5年ぶり5例目です。シンシ…』

読売新聞『「ネコノミクス」その陰で…』

読売新聞『徳川吉宗には食に関するエピソードが数多く残っています。日々、質素な食事を旨としながらも、海外から乳牛を輸入して房総半島で酪農に乗りだし、チー…』

読売新聞『藤井四段、驚異の「平常心」…連勝記録25に』

読売新聞『紀子さまと佳子さま、ダンスコンサートを観覧』

読売新聞『「そんなことは言わなかった」トランプ氏反論』

読売新聞『日本人はなぜ家族に「こんにちは」と言わないのでしょうか?実は「聞き手」を意識した、日本語ならではの表現なのだといいます。』

最新記事
アクセスランキング